私は何事も、手遅れになってから何とかしようとしてしまう。
もう手に入らないと分かってから欲したり。
いつも一手遅いことは、これまでの経験から十分に分かっている。
でも、手遅れにならないと、手遅れだと気づけないのだ。