それは、針の穴にも満たない程度の、本当に小さな小さな穴だった。
でもその小さな穴が、文字通りに突破口になった。
さながら、ダムが決壊するように。
そのたった一つの小さな穴が、物語を終結へと導いたのだ。