壁がどんなに頑丈でも分厚くても、関係ない。
真正面からぶつかり、いともたやすく貫いていく。
それでもなお、勢いは衰えることを知らない。
そんな強い意思が、彼には宿っている。