この惑星の住人は、全て私の家族だ。
全部で何人いるかは、私自身把握していない。
ただ、私が妻とこの惑星にやってきて、人類を増やしたことは確かだ。
いわば私たちがアダムとイブであり、彼らは皆、私の子孫なのだ。