これは私ではない別の誰かの物語。
当然私は主役ではない。
それどころか、名前もないようなチョイ役。
まあ、もともと私の人生なんて、チョイ役みたいなものだ。