一流の洗練された技術は、簡単に真似できるものではない。
でも、真似できそうだと思われるくらいにならないといけないのかも。
いとも容易く職人技を披露できる。
それが、超一流の証なのかもしれない。