周りから見たら、私は凄く狭い世界にいるのだろう。
でも私は、外の世界に出ようとは思わない。
怖いのではなく、必要がないのだ。
大海を知らなくても、井戸の中だけで私は十分に生きていける。