この村は事実上、人口は一人もいない。
訪れてみると、人が歩いている姿はたくさん見ることができる。
ただ、彼らは人間ではない。
この村は、現世に残った死者が憩いの場として利用するところなのだ。