何年も何十年も、時には何百年も。
私たちはずっとここで、大切な人を守り続けている。
骨が風化し、土に還っても、私たちは守ることを止めない。
私たちが守っているのは、この地に眠る魂だからだ。