私たちはどうあっても、時間という束縛からは逃れられない。
時間に追われ、時間に踊らされ、時間に弄ばれる。
さながら時間の奴隷ってところか。
解放されるには時間という概念の存在しない場所に行くしかない。