自分の評価が下がるかもなんて心配をしてるからいけないのだ。
誰にどう思われようと、気にする必要なんてない。
昔ある人からそう教えられたことで、私はすごく気が楽になった。
あの人がいなければ、私は人に頼ることができない人間になっていただろう。