「好きな食べ物? うーん、卵かけご飯かなぁ」
お嬢様がそんなことを言うなんて、誰も予想していなかった。
あの日を境に、私たちは彼女に親近感を覚え、仲良くなったのだ。
後に、彼女の言う卵かけご飯とは、キャビア丼だってことが分かったけど。