何が一番大事かなんて、私には分からない。
一つを選ばなきゃいけない状況になったら、私は何も選べないだろう。
だからそうなる前に、私は先手を打っている。
最初から全部捨ててしまえば、大事なものを選ぶ必要はない。