事あるごとに「自分の言葉で語れ」と言われる。
でもそれができるなら、苦労はしない。
自分の言葉で語っても、それを理解できる人はいない。
だから人の言葉を借りているだけなのだ。