この世界を作ったのは、神様かもしれない。
でもこの時代を作ったのは、人間である我々の先輩だ。
ならば、我々は何を作っていけば良いだろうか。
皆目見当もつかないが、何かを作って、次に繋がなければならない。