我々は、確かに生物の頂点に君臨しているかもしれない。
でも大自然の前では、奴隷も同然だ。
どんな環境であろうと、いずれは慣れてしまう。
それはもはや、自然に飼い慣らされているも同じこと。