「たまには童心に帰ろうぜ」
久しぶりに会った友人に、そんなことを言われた。
「帰るも何も、俺たち、童心のままじゃんか」
そのことが少しだけ情けないようでもあり、嬉しくもある。