どんなに悪い奴であっても、剣を抜かず、救いの手を差し伸べる。
あいつはそんな奴だった。
自らは傷ついても、決して相手を傷つけることなく、あいつは平和を取り戻した。
戦わずに魔王を攻略した勇者は、後にも先にもあいつだけだろう。