幾重にも固められているその防御網、防御壁を、一枚ずつ破って先に進む。
いったい全部で何枚の防御壁があるのか、それは僕に分からない。
しかし全ての壁を突破した後、僕は無駄な努力という言葉を深く噛み締めた。
全て破った先には、何もなかったのだ。