月が燃えるように輝く中、私たちは必死に水を撒く。
一生懸命に育てた木は、やがて金のなる木となって、私たちを潤す。
いずれ私たちは土に還り、太陽の恵みの下で生まれ変わる。
そうやって、また新たな一週間が始まるのだ。