私はずっと、自分の書いた文章を客観的に評価できていると思っていた。
でも実際は、客観的な評価などできていなかった。
他人が文章を読むことで、私自身のことをどう評価するか。
私はそれを気にかけていたにすぎなかったのだ。