手強い相手だったが、何とか倒すことができた。
しかし、あくまでも倒せただけだ。
どうせすぐに、目を覚ましてまた立ち上がるに決まっている。
もう一度対峙した時、はたして僕は、もう一度倒せるだろうか。