かつてドーピングは恥ずべき行為だとされて来た。
でも、今ではドーピングをしない選手の方が少ないし、公にも認められている。
そんな中、ドーピングを全く使用しない世界チャンピオンが一人いた。
誰もがドーピングに頼って他のトレーニングをしなくなったせいだろう。