ただ一言謝りたいだけなのに、その一言が出ない。
今日もそれが言えないまま、電話越しの会話は続く。
「……ごめんね」
頼りない不通音が、耳を通り過ぎていく。