いつも怠けていてまともに働こうなんて考えたこともない。
そんな息子でも我が子には変わりがない。
だからとりあえず銅鑼を与えた。
一日に三回、時刻を告げる鐘を鳴らして村の役に立てるように。