世界一になるためにはどんな手を使うことも厭わなかった。
不正をしてでも一位になってやると決意して臨んだ。
でも世界一になることはできなかった。
あらゆる卑怯な手を使ったのになれなかったなんてダサすぎる。