物体の重さではなく、気持ちの重さを量る重量計が開発された。
早速それは市場に出回り、多くの人が互いの気持ちの重さを確かめ合った。
統計を取ったところ、重量計の針が大きく振れたことはほとんどないそうだ。
日々の生活の中で、どれだけ建て前が横行しているかが、よく分かるという話。