僕は嫌いな食べ物がないから、口に入れて良いものなら何でも食べる。
確かに、美味しくも何ともないと思うようなものは、僕にも結構ある。
でも美味しくなくても、僕の場合は食べることに何ら抵抗がない。
だから食べられないものがある人の気持ちが、いまいち分からないのだ。