みんなと旅行に行った写真などを見ると、自分が写っているものが一枚もない。
別に、実は僕は幽霊で姿が見えていないとか、そういうわけではない。
写真に写るより撮る方が好きな僕からすれば、それは当たり前のことなのだ。
みんなが笑顔でポーズを取っているとき、僕はこちら側にいるのだから。