周りが一切見えない闇夜の中でも、歩くのを止める必要はない。
時は止まることを知らず、夜は明けないことを知らないのだから。
歩き続けていれば、必ず闇が晴れる時が訪れる。
その時、あなたの周りにはきっと、素晴らしい景色が広がっているだろう。