夕陽に照らされて、彼女の頬が赤く染まっていた。
たぶん僕も、同じくらい頬が赤く染まっていることだろう。
この時間を選んだのは、それが目的でもあった。
顔が赤くなるのを見られるのは、ちょっと恥ずかしいから。