キレイな箸の持ち方、キレイな字の書き方、キレイなお茶の飲み方。
全ての所作において、とにかく美しくあることを徹底し続けた。
歩き方一つ、座り方一つとっても、それは同じ。
これで顔もキレイであれば、文句なしのパーフェクトだったのに。