僕は、誰かの役に立ちたいとは思わない。
でも、自分自身の役には立ちたいと思う。
だからこそ、誰かに必要とされたい。
みんなに認められたいという自身の欲求を、叶えたいのだ。