文字を書くのは無理でも、タイピングくらいなら何となると思っていた。
しかし、その認識はあまりにも浅はかだった。
別のキーを叩いてしまったり、叩き損ねることが当たり前に起こる。
どんな作業であれ、あまりにも寒いと指は思うように動いてくれないようだ。