「あなたに夢を見させてあげる」
彼女のその言葉を信じて、僕は彼女とコンビを組んだ。
しかし想像以上に何もできない彼女のおかげで、成果は散々だ。
まあ、悪夢も夢の内ではあるわけだからな。