完全に八方塞がりになってしまい、僕は夜逃げを決意した。
そして今夜、僕は荷物をまとめて故郷を離れた。
しかし今の僕は、本当に文字通り、完全に八方塞がりだったらしい。
夜逃げすらできず、思いつく限り最悪のバッドエンドを迎えた。