あいつには悪いが、もはやすっかり衰えてしまったと言わざるを得ない。
お払い箱になっても文句は言えないほど、力が弱まっている。
それでも私は、あいつを見捨てる気になれない。
この寒い日が続く中、外に比べれば十分な暖かさを、あいつは提供してくれる。