ずっと憧れていた彼とこうして一緒に帰れるなんて、夢のよう。
いつでも一緒にいたいけど、今日もお別れの時間がやってきた。
別れ際、彼と私は影を一つに重ねた。
夕闇が、そんな私たちの影を少しずつ消し去っていく。