僕は想像力が強すぎて、現実と虚構の区別がつかなくなることがある。
それを繰り返していると、過去の思い出も現実か疑わしくなることがある。
でもよくよく考えてみたら、それは疑っても意味のないことだった。
夢だろうと現だろうと、どうせ過去は戻って来ないのだから。