芯を持ち続けることは、簡単なことではない。
持つだけなら僕にもできる。
しかしどんな時でもそれを折らずにいられるのは、困難だ。
何事にも揺るがない心を持たないと、芯を支えられない。