何かの歌で、余計なものなどないというフレーズがあった。
でも現実は、余計なもので溢れ返っている。
ただ、余計なものとは、必要ないものとは少し違う。
我々はたくさんの余計なものを身につけて、人生を楽しんでいるのだから。