形あるものは、いずれ必ずなくなる時が来る。
私たちが必死に立ち上げたこの会社も、いつかはなくなるだろう。
我が社に限らず、全ての会社はいつか終わりを迎える日が来るのだ。
そう考えたら、どの会社も有限会社と言えるかもしれない。