誰にでも、拠り所が必要になる時はある。
それは物なのかもしれないし、他の誰かなのかもしれない。
あるいは、神話の世界にしか存在しない者かもしれない。
何であれ、拠り所がある内は、そう悲観したものでもない。