止めろと言ったところで、どうせあなたは動きを止めないだろう。
一度動き始めてしまったら、自分でも止めることなどできない。
味を知らなければ、獣にならずに済んだのに。
でも、あなたを責める権利は、どこの誰にもない。