明けない夜がないように、優しい嘘も存在しない。
誰かの為を思った嘘でも、巡り巡って必ず誰かを傷つける。
それでも、嘘をつかなければならない時はある。
戦場に立ったら、必ず銃を撃たなければならないように。