夢の中で、僕は誰かと戦っていた。
もしかしたら、誰かを守る為の戦いだったのかもしれない。
でも、あの時の僕が感じていたのは、罪悪感だった。
あれは、何かを償う為に戦っていたのだろうか。