あいつには、とにかく知識があった。
知らないことは一つもないくらい、何でも知っていた。
ただあいつは、徹底的に知恵が欠けていた。
あいつは唯一、知識を活かす術だけ、知らなかったのだ。