ようやく僕も、この学校を卒業する日がやって来た。
六年間という時間は、決して短くはない。
その間に僕は、様々な思い出とともに、多くの友人を作った。
もっとも友人たちはみんな、留年せずに三年で卒業して行ったけど。