彼が汚れるくらいなら、私が汚れた方が良い。
彼に比べたら、私の方が、替わりはいくらでもいる。
だから私は、彼を庇うように、彼の全てを覆っている。
どれだけ食べ物や飲み物をこぼそうが、彼には被害が及ばないように。