僕はとにかく焼肉が好きで、毎日でも食べたいと思っている。
その思いが高じて、自分で焼肉屋をオープンしてしまった。
毎日自分が食べたいお肉を好きなように仕入れて提供している。
これなら、どんなお肉が売れ残っても、好きなように焼いて食べられる。